リフォーム会社の種類と特徴


リフォームをしてくれる会社はいろいろな種類があるので、依頼先を決める時には複数の会社を比較して選ぶようにしましょう。

リフォームと言えばリフォーム専門会社がありますが、ここでは小さな修繕から改築や増築など、リフォームのことであれば何でも対応してくれます。

リフォーム専門会社には大手と小規模なところがあって、中には世間を騒がせている悪徳業者もいるので、間違ってもそのような会社には依頼しないよう気を付けて下さい。

悪徳業者の特徴は所在がはっきりしなくホームページを持っていない場合がほとんどなので、まずはホームページの有無を確認しましょう。

悪徳業者は訪問販売をするのが特徴なので、訪問販売をしているような業者には依頼しない方がいいでしょう。


住宅メーカーでもリフォーム部門がある


住宅メーカーでもリフォーム部門を持っているところが多く、新築を専門にしているだけあって大規模な増改築にも対応できるところが特徴です。

有名なハウスメーカーであれば信頼して依頼できますが、料金的には高くなる傾向にあります。

お洒落なリフォームを望む場合は、設計事務所に依頼するのがおすすめです。

こちらも一般的には新築を手掛けているため、あまりにも小規模な工事は断られる可能性も高いのですが、増改築であればほとんどの事務所が対応してくれて、設計事務所ならではの奇抜でデザイン性の高いアイディアを出してくれます!

最近では大手の住宅設備メーカーでも、自社の製品を取り扱うリフォーム部門を設けています。

キッチンやユニットバスなど特定の商品に目を付けている場合は、そのような業者に依頼することもおすすめです。


費用を抑えたい場合は工務店に直接依頼


費用を抑えたい場合は、工務店に直接依頼することをおすすめします。

リフォーム工事はどこの業者に依頼しても、結局は大工さんや職人さんが施工をします。

職人さんである大工さんに直接工事を依頼することで、中間マージンを抑えられることになり、工事費用を大幅にダウンさせることができます。

ただし設計やプランを不得意としている大工さんが多いので、その点は把握した上で依頼して下さい。

その他にも家具店やホームセンターや建材店などでもリフォーム工事を請け負っているところが増えていますが、実際に施工するのは請負業者なので、その点も十分に理解して依頼先を決めて下さい。


INFORMATION

2015-11-18
バリアフリーリフォームのポイント
2015-11-11
リフォーム会社の種類と特徴
2015-11-05
リノベーションとは
2015-11-01
おすすめの防犯リフォーム
2015-10-27
介護リフォームの特徴
2015-10-21
二世帯住宅リフォームについて
2015-10-16
お風呂のリフォームについて
ページのトップへ戻る